何本あってもまだ欲しい…カランダッシュ「849」

本日のブログはカランダッシュ849です。
単機能ボールペン最高傑作の一本だと筆者は思っています。気になる軸があると買っているので限定品、通常品あわせて今は5本所有しています(知人にプレゼントしたりしているので買った本数は…怖いです)。
よく、友人に聞かれる「何本も持ってるけど書ける線が違うの?」残念ながらそれほどの違いはないです…とはいえ替え芯で書き味は変わりますよね…。
さて、本日の本題です。

私物の5本。もっと欲しいです…。

カランダッシュ849は軸色、デザインも様々なバリエーションがあり、カランダッシュ外部のデザイナーが手掛けたもの、はたまたネスプレッソの使用済みカプセルをリサイクルして軸に採用した物まで、定番品ながらアプローチを変えた特別なプロダクトが多いのも特徴。

店頭に置いているブリュットロゼとポップラインのラボヤです。缶ケース付きで可愛いです。

基本のデザインは非常にシンプル。本体を見てみるとペンの軸、クリップ、ノックボタンで構成されています。

パーツは芯を除いて3つだけです。

ブランド名、モデル名はクリップの下にプリントされ、クリップ上部にSWISSMADEの文字(過去のモデルはプリントの構成が違い、モデル名、SWISSMADEの文言とカランダッシュの文字が逆になっているものもあります)。

モデル名はクリップの下に刻印されています。※見やすくするためにクリップは取り外してあります。

分解してみると外見同様、必要最低限のパーツで構成されていることがわかります。
パーツは本体軸、クリップ、ノックボタン、芯のみです。芯のノックに重要なバネは軸内部にとりつけられ、芯の交換時に紛失する心配がありません。

完全に分解してもパーツはこれだけ。シンプルです。

特に849を語る上で欠かせないのが採用されている芯、ゴリアット芯です。

全て金属製の芯、しっかりしてます。

ゴリアットは旧約聖書に登場する巨人戦士を指します。日本読みでは「ゴリアテ」となります。
インク容量の多いまさに巨人という芯で、全て金属製で出来たしっかりしたものです。
まろやかな心地よい重みと、ぬらっとした書き味は、カランダッシュゴリアットならでは。
この書き味を生み出す芯には多くの技術が詰まっています。

「GIANT CARTRIDGE GOLIATH」の文字。

ここで筆者の余談を一つ、数あるボールペンの中で特に単機能に絞っていくと849に並ぶライバルが存在するはずだと勝手に考えています。
個人的には、849のライバルはパーカーのジョッター一択です。
全体のサイズもほぼ一緒、両者取り回しの良さも素晴らしい。
ただ、少しだけ中身に違いがあるのです…

パーカーと言えば、なボールペンジョッターです。

ジョッターは芯の繰り出しの際に芯を回転させて固定しています。
芯を回転させる構造ゆえに、ノックをすると小気味よいカチッというノック音が聞こえます。
いかにも、芯がノックされました!これから書きますか?といったような。
スイッチを切り替えるような、気持ちの良い音です。

芯の後ろにある樹脂のパーツと本体の機構で芯を回転させています。

849は芯を回転させないためにノックに感触、音がありません。
ノックをすると押し込む感触だけがあります、グっと押し込むと芯が静かに固定されます。
微かに聞こえる金属のかすれる音は精緻です。
音がしないために、静かな環境での筆記、ぼんやりと考え事をしているときに手にして書いてもノックの感触で考えが飛んでいくこともありません。
ボールチップそのものの素材に超硬金属のタングステンカーバイトを用い、インクが流れる溝を6本に増強(通常は2~3本らしいです)、
これらの改良により筆記距離は8kmという性能を達成。芯の性能を高めることによって書き味、シンプルな本体の構造を獲得し、故障の少なさも魅力。

ノックはシャキ…と金属の擦りあう音のみ、ほぼ無音です。

ノックの精度もさることながら口金の精度も突き詰められています。

口金のがたつきはほとんどありません。

芯のがたつきは皆無で、スイス製品の品質に対する厳しさを感じ取ることができるはずです。
また、ペン本体の取り回しの良さも魅力。
ペンの長さは12.7cm。少し短く感じる長さですが、握ると親指の付け根にクリップの高さが落ち着き、なかなかの心地よさ。
程よい短さはノックの際に持つ位置を変えることなくノックから筆記が行えます。

短いながらも収まりの良いサイズです。

シンプルな外観、沢山のバリエーションがある849、使い心地も素晴らしいもの。
長く使い続けている中で、構造のシンプルさ、普遍的ながらも唯一のデザイン。
シーズンごとに発表されるレアカラーなど、何本持っていてもまだ欲しいと思ってしまう製品です。

レアカラー3本、愛着もひとしおです。

是非一度手に取ってみてください、気づいたときにはどんどん増えているかもしれませんよ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

;