コピック専用ペーパー「コピックペーパーセレクション」

 

今回はTOO.から販売されている「コピックペーパー」のご紹介です。

 

当店では恐らくみなさんご存知のコピックを取り扱っているのですが

お客様に「コピックってどんな紙に描けばいいの?」というご質問を時々聞かれます。

そんなお客様にご紹介しているのが「コピックセレクションペーパー」です。

こちらの商品はコピックを販売しているTOO.がコピックを描くためだけに作った専用の紙です。

コピックペーパーには彩色に適した5種類の紙があり、紙の色や質により、違った表現の作品に仕上げることができます。

・PMペーパー

コピックとパステルや色鉛筆を併用する時に便利な用紙です。
薄く、裏抜けしにくい紙で、コピックの発色検査にも使用されています。発色が良く、色鉛筆との併用にもおすすめします。ラフ画用にも最適です。

・特選上質紙

白味を抑え、おちついた色あいの厚めの紙です。混色や、グラデーションがしやすく、平滑度も高いのでペン画にも向いています。

・カスタムペーパー

レーザープリンタ用に開発された、抜群の白色度・表面の平滑性が高く、コピックの発色がいい高級コピー紙です。
適度なコシがあり、ツルツルとした表面が特徴です。白味が強くにじみにくいので、パキっとした表現が可能です。

最もコピックの発色が良い紙です。600〜1,200dpiのコピー(カラー/モノクロ)用紙に最適で、原画をコピーしてコピックで着色するのに向いています。

もちろんペンの筆記特性にも優れています。非コート、中性紙、両面プリントも可能です。

・画学紙

白味が強く、画用紙のような質感です。にじみやすく、ぼかしの表現にも向いています。

・画箋紙

裏抜けしにくく、にじみやカスレが美しく再現できます。和紙のような質感なので、水彩画風の表現にも適しています。

 

いかがでしたか?

コピックはもちろんそれ以外の様々なマーカーや画材も取り揃えております。

お近くをお立ち寄りの際はぜひ一度遊びに来てみて下さい。

お待ちしております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

;