APJ ボックスフレームで額装しました!

先日ご紹介した、ポストカードの額装の第2弾をご紹介致します。
今回はAPJさんのボックスフレームを使って作品を立体的に額装しました!

フランスのポスター画家サビニャックのポストカードを3枚カットして。フレームは15cm角のサイズを使用。

額の深さは30mmで立体的な作品をそのまま入れられるようになっています。
今回はマットとサイドマットを使って3種類の違う形にカットしたポストカードを用意しセッティング。

立体感が出るようにパーツごとにカット
作品と作品の間に空間を作るためのサイドマット

サイドマットは深さのある作品などを入れる時に額の内側に貼り付け、作品とガラスやアクリルの間に空間を持たせる役目をします。
また通常のマットのカラーサンプルから色も選べ、幅も自由に決めることができます!

赤ラインの部分がサイドマット。矢印部分の幅が自由に決められます。
完成!!

立体的なものを額装したいけどよくわからないという方は、お気軽にご相談ください!
オーダーフレームも対応いたします!

ボックスフレームの店頭在庫 サイズ・・・15cm角¥1700+税 20cm角¥2000+税 キャビネ¥1400+税 ハガキ¥1200+税 (他のサイズは取り寄せ可能)  カラー・・・ホワイト、ナチュラル、ブラウン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

;