生誕半世紀を超えた名品「LAMY2000」万年筆

本日は数あるLAMYプロダクトの中でもメーカーを語るうえで欠かせないLAMY2000万年筆のご紹介です。
LAMY2000は1966年に「西暦2000年になっても古さを感じないデザイン」というコンセプトを持って生まれました。
当初の目標であった2000年を超えても他にはない魅力を出し続けるLAMY2000。
自分もデザインに魅了されて入手したファンです。
本日はLAMY2000の魅力を余すことなくお伝えできればと思います。

まず、最初に少しLAMY2000の歴史を…
LAMYのプロダクトには各製品にデザイナーが担当して製作されています。
一つ一つのプロダクトにLAMYらしさと各デザイナーの個性が共存しています。
LAMY2000のデザインを担当したのはゲルトミュラー氏。BRAUNなどのプロダクトデザイナーを経てLAMYに加わり、
LAMYでは2000の他にCP1、ST、ツインペンをデザインしています。
ドイツのデザインムーブメント、バウハウス継承した機能美の追求は実用の美を体現し、時代が変わっても色あせることのないデザインを完成させています。

半世紀を超えてもなお唯一無二の存在感を放っています。

さて、実際に見て頂いて各部を紹介したいと思います。
まず最初に目に入ってくるのはクリップです。
実用を極めた洗練された見た目です。

裏に生産国のGERMANYの刻印があります。
1966年当時、非常に先鋭的な試みであったステンレス無垢材を用いて作られています。
持ち歩く際などに必ず必要な部分なために強度は非常に高いです。
また、根元にはバネが内蔵され、スーツや手帳にしっかりと挟めます。

キャップを外し全体を見てみます。

黒鉛の芯のような素材感。
金属ともなじんでいます。
樹脂のパーツ、ステンレスのパーツがヘアライン処理されて一体になっています。
このヘアラインもLAMYの厳格な管理のもとに加工されています。
樹脂の材質はポリカーボネートを用いています。
非常に強度に優れる上に使えば使うほどに表面が滑らかになっていきます。
奥が新品。手前のものが私物です。5年程愛用しています。
使うほどに味が出てくる外観は、ここも含めてデザインなのか?と思わずにはいられません。

また、軸にはキャップを閉じるためのネジが見当たりません。どうやってキャップを閉じるのでしょう?
キャップの保持には軸に微かに出ている金属の突起で固定されます。
カチッ…という音とともにしっかりと閉じられると気密性の高さと精度の高さがわかります。
ネジがないことによって全体の流れるようなデザインを損なうことなく握り心地も快適なものになっています。

中央の小さな突起でキャップを固定します。
インクはLAMY唯一の軸内吸入式。精度の高い作りでインク用量も多いです。
インクを吸入する際に回すノブは精巧に作られているためかなり近くで見ないと境目がわかりません。
近くで見ないとノブとの繋ぎ目がわかりません。
インク量を確認するインクビューも軸と一体化し、インクを入れるとほとんど見えなくなってしまいます。
あくまで筆記するための配慮である。というような考えなのか…と想像してしまいます。
下の2000にはインクが入っています。入っていない上の2000はインクビューがうっすら透けています。
ペン先はちょこんと鳥のくちばしのような形で全体の流れになじんでいます。
見た目の硬質な感じとは裏腹に非常に柔らかくふんわりとした書き味も魅力です。
インクの吸入はペン先裏の穴までインク瓶につけて吸入すればなめらかにインクを吸入します。
見た目の硬質感とは裏腹にとても柔らかなペン先。

見た目以上に実用に振ったとも思えるほど使い心地は素晴らしいものです。
そのうえデザインも負けてはいません。
実用とデザイン、その二つを追求した結果だということを感じざるにはいられません。
何よりも触って、見て知っていただくことが一番だと思います。
半世紀以上にわたって愛される名品の魅力を肌で感じてください。
ぜひ、クィル・アンカの店頭でそんな製品の魅力を知っていただけたら幸いです。
ご来店お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

;