デザインに惹かれる輸入文具 ~ロディア編~

日本の文具はその優れた機能性や実用性で世界の人気を集めていますが、海外のちょっと変わったデザインや歴史のある文具も魅力的ですよね!

そこで、あまり数は多くありませんが当店の輸入文具の中から、今回はロディアのノートをご紹介させていただきます。

 

1階ロディア売り場
No.でサイズが分かれているところがユニーク

 

《RHODIA》

1934年にフランス・リヨンにて兄弟であるアンリとロベールの2人によって創設された文具ブランド。

社名はリヨンを流れるローヌ川(RHONE)に由来しており、ロゴマークの2本のツリーは紙の原料の木であることと、二人の兄弟の絆を象徴するものです。

 

現在では定番のブロックメモからリングメモ、ハードカバーなど様々な種類が販売されています。

シャープペンやボールペンもあるので、ノートと一緒に持ち歩きたいですね~。

店内商品から一部抜粋。まだまだ沢山ございます!

 

ロディアに使用されているぺラム紙は、どんな筆記具にも合うしなやかで丈夫な用紙で、このようにインクをたっぷり含んだ万年筆でぐりぐり書いてもほとんど裏抜けしません!

さらに、ブロックメモにはマイクロカット加工による細かなミシン目がついており、切り離すときにストレスを全く感じさせず、切断面もきれいです。

 

ロディアといえば、紫色のコントラストの強めな方眼紙の印象がありますが、こちらはフランスでおなじみのヴィレオパンセ(パンジーの紫)という色で、1960年代までは小学校の指定色だったそうです。

ジャポニカ学習帳や大学ノートに慣れ親しんできた私たちにとっては色のクセが強い、、そこでおすすめなのが、ホワイトのロディアです。

2014年に従来のブラック、オレンジに続く第三の色として登場したホワイトのロディアは、白地の表紙にシルバーのロゴを配したシンプルでスタイリッシュなデザイン。罫線の色も、目に優しい薄いグレーです。

 

オレンジやブラックのロディアを選びたい方もご安心を。dot Pad というドットの方眼タイプもグレーの罫線です。

 

こちらは用途にあわせたロディアがイラスト付きで商品が紹介されているフリーペーパーです。店頭に並んでいるので、どうそご自由にお取りください^^

 

80年以上の歴史があり、ブロックメモの代名詞として世界中で愛されているロディア。

魅力が詰まった一冊を持てば、日常生活をきっと豊かにしてくれるでしょう。

 

ロディアのホームページはとてもおしゃれで楽しいので、ぜひチェックしてみて下さい♪

80周年記念ページもあわせてどうぞ♪

 

;